Appleの保証サービス「AppleCare+」に、盗難・紛失に対応することが発表された。

Apple

AppleCare+for iPhoneとは、iPhoneの購入日から30日以内に加入できる有償(1万6800円)の保証サービスだ。主な適用例は4つ。

  1. ハードウェア製品保証を1年から2年に引き伸ばす。
  2. 90日間の無償テクニカルサポートを2年に引き伸ばす。
  3. 損傷時(画面破損、水没)に低価格での修理(2回まで)
  4. バッテリーの蓄電容量が80%以下になった際、無償で交換

未加入の場合、機種にもよるが画面の修理は通常1万円〜3万円ほど。水濡れなどの修理は3万円〜6万円ほどかかる。

↑AppleCare+に加入時の修理代金

新しく登場した「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」は、これまでのAppleCare+より2000円高い1万8800円で加入ができる。

AppleCare+の保証に加え、紛失した際に1万1800円で新しい端末と交換が可能(2回まで)。ただし、iPhoneには端末の位置を他のデバイスから見つけ出せる「iPhoneを探す」機能がついており、紛失時にこの機能が有効になっていることが適応の条件となる。

BuzzFeed

盗難・紛失に対する保証はこれまで米国のみでの展開だった。iPhone 11、iPhone11 Proの発売を前に日本にも新しく保証が追加された形となる。

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」に加入できる端末は以下の通り。

Apple

サムネイル:Getty Images

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});