※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

授業のあいまは机に突っ伏して寝たふり。周囲の学生の楽しそうな会話にただ耳を澄ませる。クラスのLINEグループには招待されていないーー。


あれ、、それって自分のこと…?


そう思った人もいるのではないだろうか。パリピを恐れ、オタクを見下す、やたら自意識過剰な“ぼっち男子学生”を描くマンガ、『全員くたばれ!大学生』がいま話題になっている。

扶桑社 / Via amzn.to

週刊SPA!での連載が好評で、7月には単行本1巻が発売された。そんな“青春地獄マンガ”の主人公は、大学入学後、5月をすぎてもいっこうに友達ができない男、亀田哲太。

扶桑社

自意識過剰だった大学時代、周りを敵だと思って過ごしてた

休み時間、机の木目を見ながらパリピの声を盗み聞きする姿に、麻雀ができると嘘をついたり、スタバでバイトしているフリをしたりする姿に……青春の只中にいる若者も、孤独を持て余す大人もつい共感してしまう。

それだけリアルに大学生活の鬱陶しさが描かれている。著者であるサレンダー橋本さんは「友達のいなかった大学時代を思い出し、奥歯を食いしばりながら描きました」と話す。

narumi / BuzzFeed

サレンダー橋本さん。顔出しはしていないので紙袋でつくったお面をかぶって登場。

「ほとんどは自分の大学時代を思い出しながら、今の大学生を取材して組み合わせています。やっぱり自分も上手く馴染めていなかった。簡単にいえば自意識過剰だったんですけれど、周りを敵だと思って過ごしていましたね」

扶桑社
扶桑社

サレンダー橋本さんの作品は、どこかパッとしない人々に焦点が当てられている。デビュー作『恥をかくのが死ぬほど怖いんだ。』は、タイトルどおりダメな人たちを描いた作品群。

そして『働かざる者たち』では新聞社に巣食う“働かない人たち”の生態をつまびらかにした意欲作。

なぜここまでダメな人が描けるのか、聞いてみた。

「やっぱり自分自身がパッとしないし、そういう人が好きなんですよね。パッとしないというか、みっともないところとかセコいところ。そんな部分に人間らしさが出るのが愛おしいんです」

扶桑社

全員くたばれ!大学生』に対する読者からの反応は、「自分かと思った」「自分をモデルにしてるんじゃないか?」といったものが多いという。

「漫画にしてみると、自分のぼっちエピソードは個性的でも何でもなかったことがわかる。皆やってるんですよね」。休み時間に寝たふりをして、周りの話を聞いたりしていたのはサレンダー橋本さん自身の体験だ。

低いところから見上げて、描いていきたい

今後も多数派というよりも「少数派」の生き方を描いていきたいという。

「立派なものとか、素晴らしいものは他の人がいっぱい描いているから、低いところから見上げたものを描きたいですね」

最後に全国のぼっち大学生にメッセージをもらった。

「僕も大学4年間は全然いいことがなかったですけれど、社会に出てなんとかやれているし、社会に出たら気が合うような人もいます。大学なんて本当に狭いコミュニティの中だけの話だから、4年間がんばって我慢してください」

narumi / BuzzFeed

4年間などあっという間だ。

作品情報:

『全員くたばれ!大学生』第1巻

著者:サレンダー橋本

出版社: 扶桑社

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});