文化庁は9月26日、愛知県で開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に交付される予定だった7800万円の補助金を交付しない方針を明らかにした。

これに対し、「国による検閲」など、批判の声が多く寄せられ、署名サイト「Change.org」では撤回を求める署名が開始から一晩で3万人近くの賛同者を集めている。

アーティストからは「文化庁主催の展覧会への出展拒否」という声も上がり始めた。何が起きているのか。

まず、経緯を振り返る

時事通信

そもそも補助金の不交付は、事前の申請内容が不十分であったことや、申請内容通りの展示が困難になったことがその理由としてあげられているという。

萩生田光一・文部科学大臣は会見で、批判や抗議の殺到で展示継続が難しくなる可能性を文化庁に報告していなかったことも問題視。「展示の内容について全く関与していない」ことなどから検閲には当たらない、との見方を示した。

しかし、トリエンナーレをめぐっては、「表現の不自由展」の展示内容が一部で批判を集め、河村たかし・名古屋市長ら政治家たちも反応。さらに菅義偉官房長官は8月2日の会見で、文化庁の補助金について「精査したい」と言及した。

また、今回の不交付決定は、不自由展をめぐる検証委の提言を受け、愛知県の大村秀章知事が「条件が整えた上で再開を目指したい」と表明した翌日のできごとだった。

こうした状況からも、今回の文化庁の決定は「検閲と言われても仕方ない」などという指摘が、アーティストや識者たちから相次いで上がっている。自民党の山田太郎参議院議員も「このようなことはあってはならない」と指摘している。

一方、大村知事は文化庁の決定に抗議を表明。国の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出るほか、国と裁判で争う意向を示した。

文化庁主催の展覧会への出品拒否

あいちトリエンナーレ ウェブサイト / Via aichitriennale.jp

今回、この文化庁の決定を批判する声明を発表したのは、メディアアーティストのクワクボリョウタ氏だ。

「文化庁には今までいろいろお世話になりました」

こう始まる声明の中でクワクボ氏は、「自分が、今こうして様々な展示の機会を得ることができているのも」「文化庁のプログラムの恩恵によるもの」としたうえで、文化庁によるあいちトリエンナーレへの補助金の不交付の決定を「恥ずべき決定」として強く抗議した。

そのうえで、「これはひょっとすると終わりの始まりです。都合の良い作品だけ集めた展覧会を強行する国がその後どうなるか。こんなさむい『クールジャパン』は要らない!」とも述べている。

同氏は、「抗議のアクション」として、文化庁が今回の決定を撤回しない限り、「年末に予定されていた文化庁主催の展覧会への出品・今後一切の文化庁メディア芸術祭への関与を拒否」するという。

クワクボ氏は1971年生まれのアーティスト。情報科学芸術大学院大学准教授。

現代美術を学んだ後、「デバイス・アート」とも呼ばれる独自のジャンルを確立した。第14回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞や文化庁平成22年度芸術選奨文部科学大臣新人賞の受賞歴がある。

同氏のサイトは、現在、声明文しか表示されない状態になっている。

以下、全文を掲載する。

文化庁には今までいろいろお世話になりました。

メディアアートというなかなか微妙なジャンルの、その中でもさらに微妙な形式で表現をしていた自分が、今こうして様々な展示の機会を得ることができているのも、メディア芸術祭はじめとした日本国および文化庁のプログラムの恩恵によるものであり、そこで作品を観て評価してくれた多くの人たちのお陰です。
そのような立場の自分が、こうして抗議文を掲げなければならないことを本当に残念に思います。

僕はこの度、日本国の文化庁がとった『あいちトリエンナーレ』への補助金の交付取り止めという恥ずべき決定に強く抗議します。

トリエンナーレにおいて《表現の不自由展》で展示された作品やその展示方針は、ある人・ある立場にとっては不愉快なものかもしれません。しかし、その痛みや精神的抵抗を通して他者の立場を想像し、それぞれの立場が互いに議論の次元を高めていく、そのために芸術文化があるのではありませんか?もしあなた方の考える「文化」政策がそのようなものでなく、ある価値観、ある立場に寄与するもののみを助成し、発信するものだとしたら、表現者としてその恩恵に預かることほど恥ずかしいことはありません。

さようなら文化庁。

僕は文化庁が今回の決定を撤回し、当初予定通りの助成金をあいちトリエンナーレ実行委員会へ交付することを求め、ささやかながら個人的に抗議のアクションをとります。
僕は交付が認められない限り、
・年末に予定されていた文化庁主催の展覧会への出品
・今後一切の文化庁メディア芸術祭への関与
を拒否します。

どうぞ考え直してください。

これはひょっとすると終わりの始まりです。都合の良い作品だけ集めた展覧会を強行する国がその後どうなるか。
こんなさむい「クールジャパン」は要らない!
また僕に展示の機会が訪れることを祈念しつつ。

表現は重要なのです。


あいちトリエンナーレ パフォーミングアーツ部門参加
クワクボリョウタ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});